福島県福島市の行政書士・社会保険労務士(社労士)の菅野です。

今までは一年の目標を決め計画を立てていましたが、今年は決めていません。

これからの10年は、過去の10年とは全く違った時代になることは間違いないことです。

申請はこらからは電子申請です。デジタルファーストです。電子申請が原則で、書面申請は例外なのです。当然申請の方式が変わります。今まであった手続きが全く無くなってしまうことも起こりえます。

住所や氏名変更などは1回やれば、他の手続きでは必要がなくなることもそう遠くない将来のことです。せっかく研修を受け覚えた手続きが、10年後は無くなっていることは十分あり得ます。

将来はありとあらゆるものがネットで繋がります。そんな時代に単なる申請をやるだけの仕業の存在価値はどの程度残っているかです。

士業は残ります。でも今までの士業の業務とは全く違ったものになると思います。

そのための準備には相当時間がかかります。2、3年でできることではありません。10年後を見据えた10年計画が必要なのです。

でも10年以内に廃業を考えている人は今のやり方のままでも大丈夫だと思います。一気に変わるわけではありませんので、何とか10年程度はやれるかも知れません。

人間は新しいことをやるのは大変なエネルギーを必要とします。

私の場合はまだ10年程度は廃業を考えてはいないので、生き残るための準備を10年計画で進めようと思います。